★ こんな本、ご存じですか? vol.1

【 参 考 図 書 】

みなさん、こんにちは☆

私がこの福祉の仕事をするようになり、たくさんある本の中から見つけ、今でも見る参考図書です。ときどき自分自身が『初心に帰る』ためや「どうしたら良いかなぁ…」と迷ったときに見ています。保護者の方から「何か参考になる本ありますか?」と聞かれた時には、迷わずこの本をご紹介させてもらっています。「発達障害について何か読んでみようかなぁ…。」と思った時に、ぜひ参考にしていただければと思います。これからもご紹介できる本や子ども達に人気の絵本など、さらに気になった記事などがありましたらここでお伝えしていくので、乞うご期待…♪

文責:だるまちゃん

『発達障害の子どもの心と行動がわかる本』

札幌市内の『こころとそだちのクリニック むすびめ』の院長である田中康雄先生が監修の本です。発達障害のことをとてもわかりやすく説明しています。子どもの気になる症状やその特性が理解できるように優しく解説されています。本の中では具体例もあり、それに対してアドバイスもしてくれています。

『育てにくい子にはわけがある』

発達が気になる子どもの原因を理解できるよう事例を出して説明しています。その原因のひとつと考えられている【触覚防衛・重力不安・聴覚防衛】など、感覚統合の不全についてわかりやすく説明されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました