★『保育所等訪問支援』事業を9/1~開始します!

【 お 知 ら せ 】

みなさん、こんにちは 🌞

【児童デイサービス あっぷっぷ】は、2022年(今年)5月1日に児童福祉施設『児童発達支援・放課後等デイサービス』として新規オープンをいたしました。この度、もう1つの事業として『保育所等訪問支援』の指定認可がおりましたので、9月1日よりこちらの事業を開始します。

『保育所等訪問支援』は、訪問先施設からの依頼ではなく、保護者からの依頼に基づく事業となります。これは障害児保育の巡回指導や教育分野における専門家派遣などとは大きく異なる点で、保護者権利保障として提供される事業であることが最大かつ重要なポイントになります。

『保育所等訪問支援』とは・・・

『保育所等訪問支援』は、児童福祉法の定義にもあるように保育所幼稚園認定こども園学校放課後児童クラブなど集団生活を営む施設を訪問し、障害のない子どもとの集団生活への適応のために専門的な支援を行うものです。
集団生活への適応のための専門的な支援とは対象となる子どもを 集団生活に合わせるのではなく子どもの特性等に集団生活の環境や活動の手順等を合わせていくことです。それには、保育所等での環境(他の子どもを含む・集団の環境を含む)そこで行われている教育や活動本人の特性との両方を 適切にアセスメントする ことが求められ、その力が専門性ということになります。

 私事になりますが、幼稚園教諭として勤務していた当時、今のように児童デイサービスなどの福祉施設も少なく、また発達障害についての研修会や講演会、情報などがまだまだ少ない時でした。私が担任として受け持ったクラスにも、当時はグレーゾーンと言われていた子が1/3位はいたのではないかと思います。言うADHD・自閉スペクトラム症・場面緘黙症)】そのため、今まで自分が幼稚園教諭として経験してきた関り方では全く通用せず「どういう対応が適切なのか?」「どういうクラス運営をしたら良いのか?」「どうしたら私に注目して話を聞いてもらえるのか?」など、とても頭を悩ませました。今のように、フリーの先生がいる時代ではなかったので、担任1人(1クラス:25~30人程)で対応することに焦りを感じていたことを今でもハッキリ覚えています。

その時、悩んで悩んで悩んだ末に出した答えがまずは、ありのままを受け入れよう!』『成長の度合いは、子どもそれぞれ!』『全員が少しずつ確実に積み重ね、どの子どもでもわかる優しい保育をしよう!』『今すぐ応えを求めず、成長のゴールは1年後!

→ この4つの思いから、今まで培ってきた自分の経験での対応は一切止め、目の前の子ども達の状態に合わせた保育の仕方に自分が変わることにしました。当時、この保育の仕方に変えることは、物凄く勇気がいる決断だったこと、今でも鮮明に覚えています。でも、不思議とそう心に決めてからは、毎日自分の頭をフル回転させながら子ども達と関わることが楽しく思えるようになりました。このときの経験(のちに音楽療育という言葉を知り、その翌年から社会人履修生で夜間に大学で2年間学ぶ)が、この道に進むきっかけになったと思います。

…が、その反面時々襲ってくる自分に対しての疑心暗鬼と「本当にこれで良いのかな…。本当に大丈夫かな…。」と自分の保育や関わり方に対しての強い不安に駆られ、自分に対して『大丈夫、大丈夫』と全く根拠のない励ましをしていました(この頃に、わらべうたの千葉さんに出逢いました)。もしも、当時、この制度や事業があり、専門家の方からもっと身近に支援や対応方法などのアドバイスをもらえる環境が日常的にあったら、間違いなく私はそれに飛びついていたと思います。1年間、途轍もない不安と戦いながら子ども達と関わってクラス運営をしていたので…。

このような経験から、自分がこの仕事に就いた時には、同じような思いをしている幼稚園・保育園・学校など、子ども達と関わる環境の方達の思いを汲み、子どもも関係者も笑顔で楽しく過ごせるようなお手伝いがしたいと思っていました。

また、保護者との関わりの中で大きなきっかけとなった出来事が…ある時、クラスの子の両親が揃って幼稚園に来たことがありました。子どもの状態を伝えて、どうしたらよいのか困っていることを相談しに来たのに、当時の園長先生は『保護者も子どももわがままであり、園に合わないなら退園しても良い』との認識で、保護者の思いは全く伝わらなかったということがありました。相談を終えて帰って行く両親の姿を見て本当に心が痛み、その後ろ姿は今でも忘れられず鮮明に目に焼き付いています。私の勝手なイメージですが、「幼稚園は子どもにとっても、子育てをしている保護者にとっても、楽しい場所であるはずなのに…」と…。最終的に、この一件がきっかけとなりどんな子どもでも何とか幼稚園の集団で楽しく過ごせるようにしたい!』『保護者も安心して幼稚園に預けられるようなサポートをしたい!と思い、今に至ります。

「子ども側の目線に立ち、保育者側の立場に寄り添い、子どもにとっての適切なサポートをしたい!」

それが私の強い思いであり、そのようなサポートをすることができるのが、この『保育所等訪問支援』の事業であると思っています。子ども達にとっても、その子どもが通う集団の場所にとっても、その時間がより良い環境となるようサポートをさせてください。そういう想いで関わっていきます。

文責:中岡 由喜枝

※引用・参考文献:厚生労働省「保育所等訪問支援の効果的な実施を図るための手引書」

コメント

タイトルとURLをコピーしました