🐣 子どもの成長する姿に‥感動💕感動 💕 vol.1

【だるまちゃんのつぶやき】

昨年(2022年)9月、幼稚園の年長から利用を開始したR君。

初めてのあっぷっぷでは、「女の子なんか嫌いだ‼」と大きな声で友達を 拒 絶 し、相手の姿が見えなくなるまでずっと「嫌い‼嫌い‼」と繰り返していました。

スカート着用の職員には「先生、スカートだから嫌い‼」と言ったり‥ 😖

意思表示は・・・物を投げたり、叩いたり…というような誤った行動で表現 😅

もちろん、女の子やスカート着用の職員が嫌いな訳ではありません‼

むしろその逆でと~っても気になる存在なのに…

どのように関わったら良いのか?

関わる方法がわからないから…誤った表現に… 😅

できたことを職員に褒められると「褒めるな!!」と怒り出し… 😖

以前のR君は、気持ちを言葉で表現することができず、R君の行動や表現からでは誤解を受ける一方 🤔

さて、ここからは…職員とR君との攻防戦⁉ 😜

この10か月は、職員とR君との戦いの日というのでしょうか⁉

何故、R君が癇癪をおこす状態となってしまうのか?

試し行動や問題となる行動を繰り返すR君にどのように対応すべきか…。

職員みんなでR君が出している S O S を逃さないよう、毎回アイディアを出し合いながら向き合い続け‥

R君が日々を楽しく過ごせるようになるために…。

怒りたくなったらどうするか?

困った時には、この方法で…。

苦手なことを楽しく参加するための工夫とは…。

そんなことをしながら10ヶ月‼

あっぷっぷに通い、療育を受けた今のR君は…???

友達の良いところを見つける「褒め褒めゲーム」を始めると…。

一番最初に手を挙げ、友達の良いところをたくさん見つけてくれるように…。

「〇〇君は、姿勢良く椅子に座っていて…格好良い!」

「〇〇ちゃんは、笑っている顔が…かわいい 💕」

…等など、次々に良いところを見つけて発表しています。

髪を切った職員を見つけると「先生、髪切ったね!僕も切ったよ、一緒だね 🎵」と、自分と同じであることを素直に喜び、表現できるようにまでなりました。

「スカートだから嫌い!」と言ってしまった職員に対しても、今では「先生、かわいいねぇ❤」と言うように(笑)

以前は促され、ただ言われるがままに参加していた活動も、自分から意欲的に取り組むことができ、活動に期待を持てるようになってきています。

褒められると嬉しくて、ものすごく頑張るようになりました🎵

あっぷっぷに登所して来て…

挨拶するのも…

机上活動でプリントするのも…

何をやっても…楽しくて楽しくて‥その楽しさを言葉で伝えなくても伝わって来る来る 🎵

悔しくても「まぁ、いいか」と言える場面が増え、R君が本来持っている素直さが行動に現れています。

小学一年生になったR君。

これからもいろいろなことがあり、まだまだ高い壁が現れることも…。

でも、あっぷっぷの職員はその都度、子ども達の課題に一緒に向き合い、一緒に取り組み、できたことは自分のことのように一緒に喜び、どんな時も子ども達に寄り添い続けます。

「自分達(あっぷっぷの職員)は、応援団!」

一緒にその壁を越える工夫をし、実践していこうと思っているんだろうなぁ…という気合が伝わって来ています‼

あっぷっぷの職員って…本当に子ども達が好きなんですね 💕

文責:だるまちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました