🐣 『あっぷっぷ怪獣』現る ⁉

【だるまちゃんのつぶやき】

あっぷっぷには、ときどき『怪獣⁉』が現れる時があります。

その名も『あっぷっぷ怪獣』❤

この前も、自由遊び終了のアラームがなったのに、ブロック遊びを止められない子ども達の所に突如姿を現しました。

『あっぷっぷ怪獣』は…片付けない玩具が大好物らしく、玩具を出したままにしているとやって来るのです。
『あっぷっぷ怪獣』の特徴は、お腹が大きなゴミ袋になっていて、どんどん口から玩具を食べていきます。
食べ始まると止まらなくなる『あっぷっぷ怪獣』に、あっぷっぷの大切な玩具を食べられては大変‼と、子ども達は大慌てでブロックをケースに片付け始めましたが…『あっぷっぷ怪獣』の勢いは止まりません。

子ども達が呆気に取られているうちに、ガブガブと口の中にブロックを飲み込み、お腹を膨らましていきました。

もちろん、子ども達も負けてませんよ~(笑)

『あっぷっぷ怪獣』と競い合って、あっという間にブロックを全てケースの中に片付けました。

…とはいえ、『あっぷっぷ怪獣』に食べられてしまったブロックもあります。

『あっぷっぷ怪獣』はお腹がいっぱいになり、油断をしながらキョロキョロ。後ろを向いている隙に子ども達が咄嗟に動き、『あっぷっぷ怪獣』の口の中に手を入れ、食べられてしまったブロックを無事に取り戻していました。『あっぷっぷ怪獣』が気が付いた時には、食べたはずのブロックは全て子ども達に取り返されてしまいケースの中へ…。そういう時の子ども達は、何故か急に一致団結して協力し、子ども達同士で声かけあったり、『あっぷっぷ怪獣』に向かって戦いを挑んでいったり、「ちゃんと片付けるから、もう帰ってー!」とお願いする子どもがいたり…。大切な玩具を『あっぷっぷ怪獣』に食べられては困るため子ども達は真剣そのもの。子ども達に食べた玩具を取り返されてお腹が空いた『あっぷっぷ怪獣』はお腹を空かせて、いつの間にか‥あっぷっぷからいなくなっていました。

遊びに熱中すると、時間だとわかっていても途中で止められなかったり、片付けがめんどくさくなったり、ついつい約束を守れない時ってありますよね。

そんな場面をどこかでジーっと待っているのが…『あっぷっぷ怪獣』。

呼ばれてもいないのに、そんな場面を見つけたら、きっとすぐにどこからともなく現れ、子ども達が大切にしている玩具をパクパクと美味しそうに食べまくります。

そうならないためにも、みんなでお片付けできると良いですよね…。

切り替えが難しい時は、子ども達の気持ちとその場の空気を変えるために…『あっぷっぷ怪獣』を呼んでみると良いかもしれません。きっとどこからともなく現れ、玩具をパクパク食べてくれると思います。子ども達が蜘蛛の子散らすように、急に右往左往し、さっきまでとは全く別人になり、お片付けマシーンのようになっていますよ~(笑)🎵 片付けもみ~んなで楽しくしなくちゃね ❤

文責:だるまちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました